AEDと救急法

2004年7月より、AED(自動体外式除細動器)の使用が一般市民にも認められるようになりました。
倒れて心肺停止の可能性がある人を見つけたら、出来るだけはやく心肺蘇生行いAEDの使用により適切な処置をして、一人でも多くの命を救いましょう。
学内でも例外ではありません。同じ職場、同じ研究室でも身近で起こりうることです。
毎年、防災訓練の実施時に定期的に講習を行っていますのでぜひ参加しましょう。


<日本光電HPより>

学内のAEDの設置場所

当大学では、現在4ヶ所設置されています。

B棟1F
A棟側入って直ぐ
福利厚生棟
コモンズ側階段付近
体育館
入口入って直ぐ
学生宿舎共用棟
共用棟 入浴室入り口付近

★AED(自動体外式除細動器)は、突然心停止状態に陥った時、心臓に電気ショック(除細動)を与えて、正常な状態に戻す、取扱いの簡単な医療機器です。
AEDは操作方法を音声ガイドで指示してくれます。また、心電図を自動に解析して、電気ショックが必要な時のみ電気ショックをを行う仕組みになっています。
万が一、使用する出来事に遭遇したら勇気を持ってAEDのスイッチを押して下さい。